見る・遊ぶ

烏丸経上半期PVランキング コロナ禍のホテル出店や新ビジネスに注目集まる

1位「フォションホテル」のレセプションホール

1位「フォションホテル」のレセプションホール

  • 0

  •  

 烏丸経済新聞の2021年の上半期のPV(ページビュー)ランキングは、コロナ禍の中で生まれたビジネスや積極的なホテル開発の記事が目立つ結果となった。

[広告]

 1位は今年3月にオープンした「フォションホテル」(中京区)。3位は5月オープンの全室スイートルームのリゾートブランド「ふふ」の話題。ランク外でも、米マリオット・インターナショナルが手掛けるホテルブランド2つが6月から7月にかけて2軒が相次いで開業している。コロナ禍で予想外の落ち込みがあるものの、意欲的に出店を進める姿勢が見える。

 ランキングは今年1月1日から6月30日までに配信したヘッドラインニュースのPVを集計したもの。上位10位のランキングは以下の通り(カッコ内は掲載日)。

1. 京都・五条に「フォションホテル京都」開業へ 「グルメホテル」コンセプトに(3/14)

2. 京都で「るろうに剣心展」6月から再開 混雑緩和のため観覧時間延長(5/30)

3. 京都・南禅寺エリアに「ふふ 京都」 全40室がスイートルーム(5/12)

4. マザーハウスと学生が「金運財布」 大丸京都店で販売(1/18)

5. コロナ禍のピンチから生まれた京都のバナナジュース店、来店者3万組突破(6/7)

6. 「京都ゆにくろ」で村上春樹さんコラボUT 京都丸善にもコラボ棚(3/16)

7. ブルーボトルコーヒー京都カフェに予約制フロア コースメニュー展開(3/25)

8. 京都市営地下鉄のオリジナルチョコ 大丸でバレンタイン限定販売へ、ポイントラリーも(1/8)

9. 四条繁栄商店街に長刀鉾の「巨大ちまき」 コロナ退散祈る(5/24)

10. 杉本家住宅の大屋根葺き替えへ クラウドファンディングも始まる(3/8)

 コロナ禍のピンチから生まれた新たなヒットも注目を集めた。5位のバナナジュース店「サンキューバナナ」は、イベントやウエディングを手掛ける会社が期間限定として始めたが、およそ1年で3万組の来店がある人気店に成長。青森や和歌山、滋賀県などにも展開している。

 長引く緊急事態宣言やまん延防止等重点措置で飲食店の酒類提供の要請が続く中、京都発の名物を作ろうという動きもあった。ランク外13位の「モクテルさんぽ」は、飲食店やホテルが共同でオリジナルのモクテル(ノンアルコールのカクテル)を作り、店舗や施設を巡ってもらうという企画。

 ランク外17位の京都デニムのウェブ会議システムを使って職人とやり取りをしながら染め付けの体験ができるキットや、18位の京おどりのVR配信で観客席からでは見られない天井からのアングルを提供するなど、非接触ながらリアルと同じ、あるいはリアルでは難しいコンテンツを提供しようという需要の高まりも見られた。

 取材もオンラインで行う機会が増えた。模索を続けながら、下半期もコロナ禍に負けない街の話題を届けていきたい。

週刊みんなの経済新聞 ハッピーニュースアワー

烏丸経済新聞VOTE

現在お住まいはどちらですか?

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース