食べる

京都に関西初パリのスイーツとパン店「リベルテ」 10月開業へ

  •  

 レーサム(東京都千代田区)は9月13日、パートナーシップを組む「リベルテ・パティスリー・ブーランジェリー(以下「リベルテ」)」が10月5日、京都市にオープンすると発表した。

リベルテのケーキ

 リベルテは2013年にパリ10区にオープンした店で、職人の様子が見られるガラス張りの内装が特徴。今年3月に開業した吉祥寺の日本1号店では、オープン直後から品薄状態がしばらく続いたという。

[広告]

京都店は面積は約100坪で、ケーキやパンの販売を行うほか、ショップと85席を予定するカフェを併設する。「タルト・シトロン」などフランスで定番のスイーツのほか、クロワッサンや店名を冠する「パン リベルテ」など、本店と同じラインアップを展開する。

 同店のパンは、レーサムが手掛ける10月27日にオープンする宿泊施設「WeBase 京都」の朝食として提供されることも決まった。 

烏丸経済新聞VOTE

現在お住まいはどちらですか?