天気予報

29

19

みん経トピックス

京都「鬼パン」に新色洛外に移転した神社で節分祭

大丸京都店で恒例の「節分イワシ」販売 今年は北海道産を主流に

 大丸京都店(京都市下京区四条通高倉西入立売西町)で現在、節分の2月3日を前に「節分イワシ」が販売されている。

 大丸京都店の鮮魚コーナーにある海産物販売店「大水直売」では、ヒイラギや鬼のお面を張ったコーナーを設け、北海道で水揚げされたマイワシを1尾=216円、2尾=398円で販売。売り場では「節分にはイワシだよ」と威勢のいい声が飛び交っている。同店によると、イワシの漁獲高が減る中、2月2日と3日で約1500尾のイワシを用意したという。

 売り場担当の河崎孝史さんは「今年は千葉から北海道産に切り替えた。卵を持つ前のイワシなので脂が乗っておいしいよ」と笑顔を見せる。焼いたイワシを食べる節分の風習「節分イワシ」は、諸説あるが、イワシを焼く煙のにおいで鬼が戻ってこないようにするためと言われる。「若い人も今年は多いから、いわれを説明してあげている。希望があればヒイラギの枝を切ってあげる」とも。

 同社店舗責任者の飯島雄次さんは「最近は圧倒的に恵方巻きが人気だが、節分そのものが盛り上がるのはいいこと。イワシの煙でも厄よけをして、福を招いてもらえたら」と呼び掛ける。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

店内に並ぶ茶筒 写真=「Kaikado Cafe」に入るとまず目に入る茶筒。写真上の銅製ランプシェードは開化堂の職人の手作りで、このほかにも各所の内装に銅が使われている。
[拡大写真] [関連記事]

VOTE

現在お住まいはどちらですか?

アクセスランキング