見る・遊ぶ

10年目の「京まふ」開催へ イベント支援者募集も始まる

2018年の「京まふ」オープニング

2018年の「京まふ」オープニング

  • 0

  •  

 「京都国際マンガ・アニメフェア(以下、京まふ」)2022」が9月17日・18日、京都市内4会場で開催される。

[広告]

 2012(平成24)年に始まり、今年で10回目を迎える同イベント。これまで、コロナ禍でもリアルとオンラインを活用した「ハイブリッド」形式で開催を続けてきた。

 今年はアニメや漫画作品のコンテンツホルダーら64社が出展する。京都市内にある芸術大学が出展するほか、「太秦萌(うずまさもえ)」をはじめとしたオリジナルキャラクターを展開する京都市交通局、2023年に京都に移転する文化庁も出展者として名を連ねる。

 今年はイベントの継続と発展を目標に、初めてクラウドファンディングで支援者募集も行う。イベントのチケットや、京まふ「おこしやす大使」を務める声優の福山潤さんと京扇子専門店「舞扇堂」とコラボした扇子などをリターン品に用意する。

 チケットは「ローチケ」などで販売する(価格は会場ごとに異なる)。

週刊みんなの経済新聞 ハッピーニュースアワー

烏丸経済新聞VOTE

現在お住まいはどちらですか?

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース