食べる 見る・遊ぶ

京都市営地下鉄のオリジナルチョコ 大丸でバレンタイン限定販売へ、ポイントラリーも

キャラクターや駅名板のデザインが入った「DECOチョコ」

キャラクターや駅名板のデザインが入った「DECOチョコ」

  • 3

  •  

 大丸京都店(京都市下京区)のバレンタインイベント「ショコラプロムナード」で1月20日、京都市営地下鉄オリジナル「DECOチョコ」の販売が始まる。

初期デザインの「太秦萌」のDECOチョコも

 京都市営地下鉄は2011(平成23)年に地下鉄発のキャラクター「太秦萌(うずまさもえ)」を発表。イラストレーターの賀茂川さんがリファインを手掛け、小説やアニメ作品も制作された。

[広告]

 チョコレートは、太秦萌や大丸京都店のキャラクター「四条みやび」のほか、駅名板や切符をモチーフにした外装のチロルチョコで、デザインは約50種類。1個(79円)から販売する。3個、5個、9個、10個用のパッケージ(有料)も用意し、好きな柄を詰めることができる。

 イベント期間中、ポイントラリーも行う。地下鉄を使って「北山」「竹田」「醍醐」「東山」「太秦天神川」のいずれかの駅で告知ポスターをかざして二次元コードから取得できるイラスト画像を、大丸京都店のイベントブースで対象の乗車券を提示した人を対象に、太秦萌の初期デザインなど非売品のDECOチョコを1個進呈する(なくなり次第終了)。

 京都市交通局高速鉄道部営業課の担当者は「キャラクターや本物の駅名板などを元にしたかわいらしいデザインのチョコレート。ポイントラリーはどの駅にどのキャラクターのイラスト画像があるか予想しながら参加してもらえたら楽しいのでは」と話す。

 開催時間は10時~20時。2月15日まで(最終日は17時まで)。

烏丸経済新聞VOTE

現在お住まいはどちらですか?