見る・遊ぶ 学ぶ・知る

「にゃんこ大戦争」と京都市営地下鉄がコラボ ゲームで使える限定キャラも

地下鉄に乗って京都を侵略するにゃっ!

地下鉄に乗って京都を侵略するにゃっ!

  •  
  •  

 スマホゲーム「にゃんこ大戦争」を手掛けるポノス(京都市中京区)が5月10日から、京都市営地下鉄と共同でイベント「地下鉄に乗って京都を侵略するにゃっ!」を開催する。

 「にゃんこ大戦争」は「にゃんこ軍団」を率いて、全国を征服していくゲームで、「ゆるい」キャラクターと簡単な操作が特徴。海外にも展開し、3500万ダウンロードされた。

[広告]

 今回のイベントは、スタッフに地下鉄ユーザーや「地下鉄に乗るっ」のファンが多かったことをきっかけに、業界内でも珍しく、京都に本社を置く会社であることを発信する目的で企画したという。

 期間中、京都市の公式アプリ「Hello KYOTO」で、地下鉄の駅やジェイアール京都伊勢丹など全5カ所の「ラリーポイント」で、ポスター内のキャラクター画像を読み込むとデジタルスタンプを発行する。

 スタンプを1つでも集めると「にゃんこ」または「太秦萌(うずまさもえ)」の缶バッジをゴールの京都タワーで進呈する(1人1個限り、数量限定)。5つ全て集めるとゲーム内で使えるキャラクター「太秦麗&ネコ」を進呈する。

 にゃんこスタジオチーフプロモーターの野澤勇太さんは「ファンミーティングなどを除けば初めてのリアルイベント。人の動線を考えるなどリアルならではの難しさはあるが、京都発のゲームだと知ってもらえる機会になれば」と話す。

 ゲーム内でもイベントに合わせ、「地下鉄に乗るっ」のキャラクターの萌や咲、ミサが登場する。

 「地下鉄に乗るっ」は、2011年に京都市の「若手職員増客チーム」が考案したキャラクターを元に展開するプロジェクト。2014年にイラストレーターの賀茂川さんがリファインして人気に火が付いた。駅などでポスター掲示するほか、ライトノベル化やフィギュア化、クラウドファンディングで資金を集めて短編アニメも制作された。

 イベントは6月10日まで。

  • はてなブックマークに追加

烏丸経済新聞VOTE

現在お住まいはどちらですか?