3密を避けて新しい生活様式へ!

見る・遊ぶ 学ぶ・知る

明智光秀の「敵は本能寺にあり」行軍ルート再現ツアー 30年先まで開催日程決まる

以前のツアーの様子。刀を持ち甲冑姿をしているのがガイドを担当するターキーさん

以前のツアーの様子。刀を持ち甲冑姿をしているのがガイドを担当するターキーさん

  • 117

  •  

 京都をガイドと歩くツアーを企画する「ことぶら」(宇治市)が2月18日、本能寺の変で明智光秀が率いた軍がたどったコースを歩くツアーの日程を決定し、参加者募集を始めた。

 同ツアーのガイドで、ラジオDJで「1582年5月27日から6月4日の明智光秀ガイド」のターキーさんに「ことぶら」を主宰する田中英哉さんが「今年の大河ドラマは光秀が主役ですが、このツアーはいつまでやるのか」と尋ねたところ「一生続ける」とのやりとりがあったという。

[広告]

 田中さんがツアーの日程をSNSに公開すると「その日は用事があって」「予定が合わない」とコメントが入ることがよくあることから、半ば冗談で「30年先まで日程を決めれば参加できるだろう」と30年後の2050年までの日程を決定。いずれも本能寺の変があった6月2日に近い土曜に行う。ガイドや主催者が亡くなった場合は開催中止となる。

 当日は亀岡駅から本能寺跡地(四条西洞院)まで約30キロのコースを約10時間掛けて踏破する。

 主催者の田中英哉さんは「私とガイドのターキーさん、そして常連の方もお声掛けしてこれから30年開催することが決まった。健康に長生きして参加してもらえたら」と話す。

 今年のツアーの開催日時は5月29日=9時~19時を予定する。参加費は6,200円。定員10人(最少催行人数2人)。

 申し込みは同ホームページから受け付ける。

Stay at Home

烏丸経済新聞VOTE

現在お住まいはどちらですか?