学ぶ・知る

京都で池坊の「初生け式」 1500人が精進誓う

花を生ける参加者

花を生ける参加者

  •  
  •  

 池坊会館(京都市中京区)で1月5日、華道家元池坊「初生け式」が行われ、全国から集まった8歳から95歳までの門弟およそ1500人が花を生けた。

池坊専好次期家元の作品「穏(おだやか)」

 式では、振り袖姿や羽織はかま姿の門徒36人が、生け花の発祥の地となる六角堂(法頂寺)を参拝。家元道場に移動した参加者は用意された花材をいけこんだ。途中、池坊専好次期家元が巡視し「葉が花器に触らないように」、「窮屈になりすぎないで」などアドバイスを行った。

[広告]

 次期家元も初生けに臨み、ナンテンや赤芽柳、若松、ハボタンなど正月らしい花材を使った作品「穏(おだやか)」を立てた。作品は昨年、災害が多かったことから、難を転じてしなやかに、静かで平穏な年となるよう思いを込めたという。その後、参加者と新年のあいさつを交わした。

 学び始めて2年目という福井結紀子さんは「全国から年の近い方が多く参加されていて、お話してとても励みになった。これからバラなどの洋風の花を上手に生けられるようになれたら」と話す。

  • はてなブックマークに追加

烏丸経済新聞VOTE

現在お住まいはどちらですか?