見る・遊ぶ

烏丸経済新聞年間PV1位は「崇仁新町」 台風・豪雨の話題もランク入り

京都駅近くにオープンした屋台村「崇仁新町」

京都駅近くにオープンした屋台村「崇仁新町」

  •  
  •  

 烏丸経済新聞の2018年年間PV(ページビュー)ランキング1位は、京都駅近くに屋台村「崇仁新町」がオープンした記事が輝いた。

 京都大入試日の名物「折田先生像」が2位と続いた。3位の草間彌生さんの大きなカボチャをかたどった作品「南瓜」は、中国で草間さんの偽物が本物として展示された時期とも重なり話題を集めた。

[広告]

 ランキングは今年1月1日から12月14日までに配信したヘッドラインニュースのPVを集計したもの。上位10位のランキングは以下の通り(カッコ内は掲載日)。

1. 京都駅近くに屋台村「崇仁新町」 ホルモン、「ちょぼ焼き」などソウルフードも(2/2)

2. 京都大学に「折田先生像」 受験生ら迎える(2/25)

3. こちらは「本物」 京都駅に草間彌生さんの「南瓜」、ハロウィーン企画で(10/26)

4. 京都でペンギンの「ややこしい」相関図が話題に 禁断愛や種を超えた三角関係も(11/9)

5. 京都市バスが全線運休から3時間で運転再開(9/4)

6. 牛乳石鹸が京都でイベント ネットの口コミ発「赤箱女子」に着目(9/14)

7. 京都でも大雨の影響 清水寺では一部拝観中止、博物館などで臨時休館も(7/6)

8. 京都で抹茶味の「ブラックサンダー」販売へ 「おたべ」とタッグ(10/31)

9. 京都駅地下街「ポルタ」東エリアがリニューアル 飲食と食物販を強化(5/8)

10. 阪急の観光特急「京とれいん」に新編成 前方映像のリアルタイム配信も(12/10)

 5位と7位は豪雨と台風21号の影響を伝えた記事だった。これまで台風や水害で全面運休したことがなかった京都市バスが全路線で運休を決め、その3時間後に運転を再開。京都市交通局の対応力の高さを感じさせた。

 2019年の京都は、春に開業するJRの新駅「梅小路京都西」や、阪急「烏丸」駅の改装、10位の阪急電鉄の観光特急「京とれいん」といった話題で盛り上がりそうだ。京都駅南側・西側エリアの変化にも注目したい。東京五輪や大阪万博に向けたインバウンド対応も街が変わる契機になるだろう。烏丸経済新聞では地元エリアの動きを意識しつつ、日々情報発信を積み上げていきたい。

  • はてなブックマークに追加

烏丸経済新聞VOTE

現在お住まいはどちらですか?