学ぶ・知る

3つの設問に答えて研究者や企業とコラボ 京大発の連携創出イベント開催へ

京大で行われた同イベントの様子

京大で行われた同イベントの様子

  •  

 京都大学学際融合研究推進センターは現在、12月22日に京都府立大学で行われる「産学良縁創造企画」の参加者を募集している。

 ネット上で関心事や目標など3つの設問に120字以内で答えると、それが会場に張り出され、来場した研究者や企業人などからコメントや意見の書いた付箋が貼り付けられる企画。事務局がコメントを取りまとめて応募者に提供するほか、良縁があればコラボの「仲人」を務める。

[広告]

 京都大学の「学内良縁プロジェクト 京大100人論文」で生まれた手法で、今年2月に行われたイベントでは100人の募集者に対して、1123件のコメント、41件のコラボが生まれた。会場の平均滞在時間は40分に及んだという。

 過去には「茶道の魅力を客観的に明らかにしたい。茶道の師匠のモーションキャプチャーを取りたい」旨の応募に対し、「医学部でモニタリングをしている。詳細を知りたい」「生け花の動作解析をしている研究者を知っている」といったやり取りが行われた。

 開催時間は18時30分~20時。関心事などの登録は専用フォームから受け付ける(先着100人)。当日は交流会も行われる。参加費は一般=3,000円、学部生・大学院生1,000円。受け付けは今月19日まで。

烏丸経済新聞VOTE

現在お住まいはどちらですか?