見る・遊ぶ

京都・二寧坂の畳のあるスターバックスが京都景観賞表彰 地域との調和を評価

京都景観賞を受けたスターバックスコーヒー京都二寧坂ヤサカ茶屋店

京都景観賞を受けたスターバックスコーヒー京都二寧坂ヤサカ茶屋店

  •  

 「スターバックスコーヒー京都二寧坂ヤサカ茶屋店」(京都市東山区)が11月14日、京都景観賞屋外広告物部門で市長賞を受けた。

床の間のある座敷も用意している

 築約100年の建物を活用して昨年6月にオープンした同店。増改築により姿を変えた前庭を、近隣住民のヒアリングなどからできる限り建設当時に戻す試みなども行われた。同社広報担当者の田中有紀さんによると、スターバックスとして初となるのれんや、畳敷きの部屋も話題となり、SNSを通じて多くの人が訪れているという。

[広告]

 同店の木製の袖(そで)看板や創業当時のロゴの一部が入った軒燈籠(のきとうろう)、銅板のロゴ入り表札を含んだ店構え全体について、京都市は「これからの京都の魅力をより高める伝統文化の継承と新たな創造が調和するモデルケース」と評価した。

 田中さんは「歴史ある街並みを大事にしたまちづくりを進める京都市に評価されたことは今後の自信となる。地元の方に二寧坂(にねいざか)や地域のことを教わりながら進めてきたので、地域の方も一緒に評価いただいたものだと思う」と話す。

 「朝や夜の時間に2階から見える二寧坂の景色は、地域の皆さんが大事にしてきた生活と共にある街の風情が感じられる」とも。

 京都景観賞屋外広告部門は、京都の街の景観に配慮した屋外広告を表彰するもので、今年創設された。1200件以上がエントリーし、市長賞は同店を含め6件が選ばれた。

烏丸経済新聞VOTE

現在お住まいはどちらですか?