3密を避けて新しい生活様式へ!

買う

「京都マルイ」オープン迫る-ブランド越え試着できるスペースも

ブランドの垣根を越えて商品を提案する「フリースペース」

ブランドの垣根を越えて商品を提案する「フリースペース」

  • 0

  •  

 四条河原町阪急跡地に出店する京都マルイ(京都市下京区四条通河原町東入真町、TEL 075-257-0101)で4月26日、翌日に控えたオープンを前に内覧会が行われた。

 昨年から公募で選んだ一般の人と「お店づくり企画会議」を行い、店づくりを進めてきた同店。随所にその意見を反映させた。内装の部分では「狭い・暗い」という意見があったことから、照明や天井の色などを明るくするなどの工夫を加えた。「店舗の間に壁を作らず、特に4階はフロア全体から商品を選べるようにしている」と同社レディス事業部バイヤーの藤田あやさん。

[広告]

 同社初となる試みが「フリースペース」と呼ばれるエスカレーター脇の一角。例えば3階では花柄のワンピースを中心に集め、それに合わせるコーディネートをブランドの垣根を越えて展示。その場で試着できるスペースも設ける。「ショップに入って行くのをためらう方はここで商品を見て、気に入ったらそのショップに入る…そんな初めの入り口になれば」と同社レディス事業部バイヤーの大竹桃子さん。パブリックスペースも大きく配し、6階ではノートパソコンなどの作業もできるカウンターテーブルを設けた。

 マルイの店舗の中でも非アパレルの率が高いという同店。1階に待ち合わせなどに使える「ショーケースカフェ」、テークアウトも可能な地下1階の「ロブパティ自由が丘」「サンドッグイン神戸屋」、コーヒーを飲みながら読書ができる6階「スターバックスカフェ」など、用途に合わせ利用できるように工夫した。

 「どんな店がいいのかというのは実際に利用する人に聞いてみないとわからないもの。今後も会議を継続し、長く地元の人に愛される店づくりができれば」と藤田さん。

 4月27日から5月5日までは通常より30分早い10時に開店する。通常の営業時間は10時30分~20時30分。

Stay at Home

烏丸経済新聞VOTE

現在お住まいはどちらですか?