タキイ種苗とリーガロイヤルホテルがコラボ-野菜が主役のコース料理提供

リーガロイヤルホテル京都のフレンチダイニング「トップオブキョウト」で、タキイ種苗とのコラボレーションフェア「おいしい野菜が主役」が行われている。

リーガロイヤルホテル京都のフレンチダイニング「トップオブキョウト」で、タキイ種苗とのコラボレーションフェア「おいしい野菜が主役」が行われている。

  •  
  •  

 リーガロイヤルホテル京都(京都市下京区東堀川通塩小路下ル)のフレンチダイニング「トップオブキョウト」で現在、タキイ種苗(下京区梅小路通猪熊東入ル)とのコラボレーションフェア「おいしい野菜が主役」が行われている。

 「41%という食料自給率の低迷を受け、国内の生産工場が課題となっている現在、安全・安心な野菜の消費を向上させることを目的として企画した」(タキイ種苗広報担当の奥本さん)という同フェア。同社が開発した特色ある種を使って野菜を栽培した農家から出荷された野菜をメーンに、同ホテルが開発したメニューを提供するもの。

[広告]

 奥本さんは「今年春にも同様のフェアを開催し、大変好評をいただいたため第2弾の展開が決まった。野菜のおいしさが増す秋から冬にかけて、味・色・機能性など特色のある旬の野菜をぜいたくに使った料理を提供する。おいしさに加え、目でも楽しめる彩り豊かなコース料理になっている」と話す。開始から約2週間が経過し、「野菜中心のメニューが目新しく健康志向とも相まって、女性の利用客が多い」という。

 コース(3,500円)の内容は、「ホワイトスターのブラマンジェと紫人参の冠新鮮帆立貝のカルパッチョとともに」「グランプリのロワイヤルカプチーノ風」「大山鶏とオモニ白菜の湯葉巻きポトフ仕立て」「白ワイン風味の桃太郎トマトとバニラアイスクリーム」。「トマトのデザートは珍しく、『ヘルシーでおいしい』と好評」とも。

 営業時間は11時30分~14時30分。フェアは12月30日まで。

  • はてなブックマークに追加

烏丸経済新聞VOTE

現在お住まいはどちらですか?