天気予報

20

12

みん経トピックス

京都・神護寺で写真展おひとりさま向け京都本発売

異業種・伝統企業とジッポーライターがコラボ-京都から2社が参加

異業種・伝統企業とジッポーライターがコラボ-京都から2社が参加

異業種・伝統企業とジッポーライターのコラボ商品。

写真を拡大 地図を拡大

 京都市内の喫煙具販売店で10月23日から、佐々木酒造(上京区日暮通椹木町下ル)や金襴(きんらん)織物卸・伴戸商店(上京区堀川通今出川南入ル)などとコラボしたジッポーライターが販売されている。

 商品は、雑貨の輸入販売などを行う「元林」(大阪市西区)が手がける「異業種・伝統企業 コラボZippoライター」の一つ。従来のライセンス商品とは異なり、ジッポーライターを媒体とした広告商品であるという趣旨に賛同した企業が参加。京都からは今回2社が参加した。

 同社広報担当の吉川さんは「販促品・社員斡旋商品として各企業でも購入してくださっている。販売各店舗からはどの企業も満遍なく注文をいただいており予想数以上の販売数だが、これらは店頭の実売ではないので、これからが本番」と話す。

 「近年、禁煙が取り沙汰されているが、ジッポーライターは本体底面と内部メカに製造年月が刻印されていることから、喫煙者はもちろん非喫煙者のコレクターも多い」と吉川さん。「今回の商品は皆さんがよく知っている老舗ブランドとのコラボなので、これをきっかけに気軽にジッポーライターを使っていただければ」とも。

 価格は5,775円。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

TKP京都四条烏丸カンファレンスセンター(下京区)で4月28日、「コンテンツ活用商品化セミナー」が開催される。主催は「京都クロスメディア推進戦略拠点(KCROP・上京区)」ほか。説明会では「NARUTO」「BLEACH」「おそ松さん」などのTVアニメーションを制作する「ぴえろ」(東京都三鷹市)の担当者がTVアニメ化25周年を迎えた「幽☆遊☆白書」などの京都オリジナル商品の開発に関し、商品化の許諾から発売までの一連の業務を説明する。KCROP担当者は「伝統産業に携わる人など多くの人に参加してもらえたら」と呼びかける。参加無料。開催時間は15時~16時半。申し込みはhttp://crossmedia.kyoto/seminar_event/20170428まで。
[拡大写真] [関連記事]

VOTE

現在お住まいはどちらですか?

アクセスランキング