天気予報

17

14

みん経トピックス

京都の猫カフェで猫写真個展京都の竹炭ロールケーキ

老舗和菓子「寛永堂」四条本店グランドオープン-喫茶スペースも

老舗和菓子「寛永堂」四条本店グランドオープン-喫茶スペースも

写真=「京都菓子司 寛永堂」の四条本店内

写真を拡大 地図を拡大

 創業寛永7(1630)年、京都市内に3店舗を構える「京都菓子司 寛永堂」の四条本店(京都市中京区柏屋町)が4月23日、四条通沿いの四条大橋付近にグランドオープンした。

 寛永堂は、水ではなく黒豆茶で仕立てた「黒豆茶羊羹」、寒天の中に小豆を包んだ「大納言清澄」など丹波黒豆を素材にした菓子のほか、一口タイプのみたらし小餅「まろのおみた」、同店伝承のまんじゅう「寛永傳(かんえいでん)」など幅広いタイプの菓子をそろえ、老若男女を問わず人気の高い和菓子店。

 「祗園付近の魅力的な地に本店を構えて、子どもから大人まで、男性も女性も、観光に来ていただいた外国人の方も、気軽に立ち寄れる和菓子店にしたかった」と店長の服部さん。2階には、「禅の雰囲気漂う上品さをイメージした」という喫茶スペース「寛永堂茶寮」を設けた。

 「四条本店オープンをきっかけに、寛永堂が京都の方はもちろん、日本全国、そして世界中の方に親しまれる店になれれば。伝統とモダンを兼ねている『21世紀の和菓子店』として、よき場所から、よき味をお客さまに届けたい」と服部さん。

 現在もオープン記念として、3,000円以上の購入客には配送無料サービスを実施している。「寛永堂茶寮」でも、「こだわりアイス抹茶ラテ」「こだわりアイスカフェラテ」を100円引きの500円で提供中。

 営業時間は9時~22時(「寛永堂茶寮」は10時~21時)。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

TKP京都四条烏丸カンファレンスセンター(下京区)で4月28日、「コンテンツ活用商品化セミナー」が開催される。主催は「京都クロスメディア推進戦略拠点(KCROP・上京区)」ほか。説明会では「NARUTO」「BLEACH」「おそ松さん」などのTVアニメーションを制作する「ぴえろ」(東京都三鷹市)の担当者がTVアニメ化25周年を迎えた「幽☆遊☆白書」などの京都オリジナル商品の開発に関し、商品化の許諾から発売までの一連の業務を説明する。KCROP担当者は「伝統産業に携わる人など多くの人に参加してもらえたら」と呼びかける。参加無料。開催時間は15時~16時半。申し込みはhttp://crossmedia.kyoto/seminar_event/20170428まで。
[拡大写真] [関連記事]

VOTE

現在お住まいはどちらですか?

アクセスランキング