京都初の台湾スイーツ「雪花氷」-三条寺町にオープン

写真は店で一番人気の「イチゴミルク」。

写真は店で一番人気の「イチゴミルク」。

  •  
  •  

 黒酢屋宗兵衛(京都市寺町通三条下る、TEL 075-213-5656)は5月17日、店内の一角に台湾スイーツ「雪花氷」(しぇーふぁーぴん)をオープンした。

 同店は関西初の黒酢バー店として昨年オープン。同店の黒酢は福山酢醸造(鹿児島市)の露天壺仕込みの手法を使った酢を使用。露天醸造は鹿児島という火山地区でしか作ることが出来ず、米酢と違い、水と玄米と酢酸菌のみで作ることにより、他の酢よりも栄養価が高く、アミノ酸も豊富に含まれるという。同店のコンセプトは「飲んで食べて体にいいもの」。商品にはそのままの素材の味が生きるように、添加物を使わない。

[広告]

 京都でまだ販売されておらず、同店オリジナルになるような新しいメニューを提供したいと雪花氷をオープンした。席数は10席。同店は黒酢バーが経営していることもあり、ソースはオリジナルとなるはちみつ黒酢入りのフルーツソースを使用。台湾ではさまざまな種類のフルーツ氷を使っているが、同店ではココナッツミルクを使う。現在フルーツソースを試作している段階で、今後は種類を増やしていくつもりだという。

 メニューは、「チョコレート」「イチゴミルク」「マンゴーミルク」(各500円)の3種類。「一番人気」(同店)はイチゴミルク。

 同店の柳舘店長は「はちみつ黒酢はフルーツととても相性がいい。酢はビタミンの吸収率もよく、貧血などにも効果的。雪花氷はかき氷よりまろやかで、はちみつ黒酢ソースをかけるとさらに甘くなり、おいしさが増す」と話す。

 また、黒酢屋宗兵衛では「リンゴ黒酢」(300円)、「豆乳」(350円)「バナナミルク」(480円)など全部で15種類の飲む黒酢を提供する。一番人気は「ブルーベリー黒酢」(320円)。現在は季節限定として「マンゴー黒酢」(350円)も提供しており、今後は「すいか黒酢」(350円)も提供する予定。

 営業時間は11時~20時。

台湾スイーツ専門店-高崎まつりで「雪花氷」800個を販売(高崎前橋経済新聞)渋谷に「ドラゴンアイス」1号店-台湾発祥のかき氷アイス(シブヤ経済新聞)黒酢屋宗兵衛

  • はてなブックマークに追加

烏丸経済新聞VOTE

現在お住まいはどちらですか?