学ぶ・知る

京大の研究者が企業・個人と交流会 「会いたいリクエスト」受け付けも

京都大学学祭融合教育推進センターの別のイベントの様子

京都大学学祭融合教育推進センターの別のイベントの様子

  •  
  •  

 京都大学学祭融合教育推進センターが現在、同大学国際科学イノベーション棟(京都市左京区)で11月27日に行われる「全分野交流会」の参加者を募集している。

 交流会では教職員や研究者、院生や学部生、企業人や学外の人を対象に、研究者や教職員と挑戦したいことや関心を持っていることについて情報を共有したり今後のコラボにつながる芽を探したりすることができる。

[広告]

 現在は「コミュニティーと社会との関係」の視点から科学と芸術の比較研究をしたいという人や、環境は疾患発症にどの程度関係しているのかといったなどの話をしたいという人が集まっているという。

 同センターでは、質問したり会いたいという先生がいたりすれば、センターが対象の研究者に声を掛け、参加を促すという取り組みを行っている。「イベント10日前まで受け付ける。簡潔に質問したいことやコメントをほしいことを文章にして添えてほしい」と呼び掛ける。(参加が叶えばかなった場合、教職員の参加費1,500円は申込者が負担する)

 開催時間は19時~21時。定員35人。参加費は500円(ドリンクとスナック付き)。申し込みは同センター専用フォームで受け付ける。当日参加も可能受け付ける。定員35人。

  • はてなブックマークに追加

烏丸経済新聞VOTE

現在お住まいはどちらですか?