見る・遊ぶ

南座八月超歌舞伎が開幕 中村獅童さんが先端技術で「分身の術」

中村獅童さんと初音ミク ©NTT・松竹P ©超歌舞伎

中村獅童さんと初音ミク ©NTT・松竹P ©超歌舞伎

  •  
  •  

 南座(京都市東山区)で8月2日、「南座八月超歌舞伎」の上演が始まった。

華やかな舞台の今昔饗宴千本桜(はなくらべせんぼんざくら)

 2016(平成28)年から始まった、テクノロジーと歌舞伎を融合させた「超歌舞伎」のシリーズで、歌舞伎の専門劇場での上演はこれが初となる。

[広告]

 プログラムは3本立て。「超歌舞伎のミカタ」と題し、中村獅童さんには「萬屋(よろずや)」や、初音ミクには「初音屋」、ICTを駆使した演出を担当するNTTには「電話屋」などの大向こうの掛け方のほか、超歌舞伎ならではのペンライトでの応援についてもやり方やタイミングを紹介する。

 「當世流歌舞伎踊(いまようかぶきおどり)は、中村獅童さんと初音ミクが共演する新作舞踊で、出雲阿国(いずものおくに)をイメージした衣装の初音ミクが澤村國矢さん、獅童さん、中村蝶紫さんと共に踊りを披露している。

 古典歌舞伎の「義経千本桜」と、初音ミクの代表曲「千本桜」の世界観を融合させた作品「今昔饗宴千本桜(はなくらべせんぼんざくら)」では、花道での攻防や「スッポン」から登場するシーンなど歌舞伎の劇場ならではの演出も。千本桜、青龍の精など映像が使われるほか、NTTの技術を使い、獅童さんがリアルタイムで動きを投影する「分身の術」を披露する。

 期間中、配役を変えて「今昔饗宴千本桜」のみのリミテッドバージョンも上演される。

 上演は今月26日まで。チケットは1等席=1万2,5000円、2等席=7,000円、3等席=4,000円ほか。リミテッドバージョンはS席=6,500円、A席=4,000円。上演は今月26日まで。

  • はてなブックマークに追加

烏丸経済新聞VOTE

現在お住まいはどちらですか?