暮らす・働く 学ぶ・知る

祇園祭・山一番は「蟷螂山」 200年ぶり巡行参加の鷹山も列席

菊水鉾が「鉾一番」を引き当てた

菊水鉾が「鉾一番」を引き当てた

  •  
  •  

 祇園祭の山鉾(やまぼこ)巡行の順番を決める「くじ取り式」が7月2日、京都市議場(中京区)で行われた。

くじ取り式取材のこぼれ話

 式では、巡行順が決まっている「くじ取らず」を除いた各山鉾保存会の代表24人がくじを引いた。式は公開され、市民およそ50人が見つめる中行われた。

[広告]

 今年の先祭(さきまつり)の鉾一番は「菊水鉾」、山一番は「蟷螂(とうろう)山」、傘一番は「綾傘(あやかさ)鉾」。後祭(あとまつり)の山一番は「鯉山」となった。

 蟷螂山が山一番を当てた時には、議場に「おー」という声と控えめながら拍手が湧いた。

 今年は、懸装品(けそうひん)の多くを焼失し、休み山となっていた鷹山がおよそ200年ぶりに唐櫃(からひつ)で巡行に参加する。

 くじ取り式に列席した鷹山保存会の山田純司理事長は「昨年までは(一般席の)2階で拝見していたが、これほど早く1階に来られて多くの方に感謝している。鷹山はくじ取らずの山だが、多くの人の前でくじを披露してみたいとうらやましく感じた」と笑顔で話していた。

  • はてなブックマークに追加

烏丸経済新聞VOTE

現在お住まいはどちらですか?