食べる 見る・遊ぶ

京阪三条駅直結のカフェ併設女性専用ホステル 「女子旅」デザイン

  •  

 京阪電車三条駅近くに7月2日、「CAFETEL 京都三条 for Ladies」がオープンする。運営は京阪ホールディングスの子会社「京阪ステイズ」(下京区)。

カフェを併設する

 駅の事務所として使われていた建物を改装した同施設。地上1階~3階で、延べ床面積は約922平方メートル。1階は男性も利用できるカフェ(42席)で、2~3階は客室21室とシャワールームなどの共用部を設ける。カフェテルという施設名の由来はカフェとホステルから。建物は駅から直結している。

[広告]

 旅行中の女性3人グループ「三嬢(さんじょう)さん」を想定し、「女子旅をデザインする」をコンセプトにした同店。女子トークや女子会のしやすい「おうち型」(最大3人)の客室19室と、1人から利用できるドミトリータイプの部屋2室を用意する。料金は1人3,500円~。

 三条大橋や河川敷も近いことから、夜の散策を楽しく安全に過ごせるようLEDのちょうちん「en-musubi」を貸し出す。ちょうちんは京都に伝わる伝統を身近に触れる機会を作りたいと「小菱屋忠兵衛」とコラボした。カフェではクッキーとドリンクが付いたピクニックセット(2人用=1,600円~)も用意する。

 京阪ホテルズ&リゾーツ経営企画室成長戦略担当部長の桜井美和さんは「社内公募で集まった20代の女性スタッフが中心になって、京阪グループには無かった新しいタイプの施設ができた。今後、京都府内にカフェテルブランドで展開も考えており、ミュージシャンやカメラマンをターゲットにした案も出ている」と話す。

 カフェの営業時間は8時~23時。

烏丸経済新聞VOTE

現在お住まいはどちらですか?