天気予報

28

20

みん経トピックス

京都「たわわちゃん」誕生日知るカフェが料理教室と提携

京都で文化庁長官と和食店の若主人が対談 「地域文化創生本部」移転1周年で

京都で文化庁長官と和食店の若主人が対談 「地域文化創生本部」移転1周年で

宮田長官と田村さん

写真を拡大 地図を拡大

 京都文化博物館(中京区)で6月21日、対談イベント「宮田亮平長官と文化を語る(和食編)」が行われる。

 文化庁の京都全面移転に先駆けて設置された「文化庁 地域文化創生本部」(東山区)発足1周年を記念して行われる同イベント。

 同本部 総括・政策研究グループの山口憲二郎さんは「宮田亮平長官は深い知識だけでなく、新年のあいさつで300人近い職員とハイタッチして鼓舞するようなユーモアのある人」と話す。

 ゲストは「京料理 萬重(まんしげ)」の若主人で、若手料理人が集まる「京都料理芽生会」会長の田村圭吾さん。山口さんは「文化庁は食文化も生活文化の一つとして振興に力を入れていく。若手の田村さんに『これからの和食』を語っていただけないかとお願いした」と話す。

 山口さんは「文化庁の移転やそのメリットを多くの人に伝えていくことで、移転の機運が地元から盛り上げていきたい」とも。

 文化庁は今年10月以降組織再編し、遅くとも2021年までに京都府警察本部本館の建物へ全面移転することが決まっている。

 開催時間は10時~11時10分。申し込みはファクス(075-561-3512)やメールなどで受け付ける。申し込み用紙はホームページに掲載する。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

開発を担当した友近さんと四条店のスタッフ 写真=開発を担当した友近さん(左から3番目)と四条店のスタッフ。友近さんは「見た目も味にも自信がある商品になった。普段変わったメニューは頼まないという人も一度試してもらえたら」と話す。
[拡大写真] [関連記事]

VOTE

現在お住まいはどちらですか?

アクセスランキング