暮らす・働く

京都「繁昌神社」で神幸祭 四条烏丸で辻回し、みこしの「差し上げ」も

繁昌神社の辻回し「差し上げ」の様子

繁昌神社の辻回し「差し上げ」の様子

  •  
  •  

 繁昌(はんじょう)神社(京都市下京区高辻通室町西入ル)の神幸祭が5月19日に行われた。

剣鉾の鉾差し

 弁財天を祭り、商売繁盛や良縁祈願に御利益があるといわれる同神社。神幸祭は第2次世界大戦の影響で途絶えていたが、5年前から復活。昨年に続き、四条烏丸での辻回しが実現した。

[広告]

 この日は「ホイット、ホイット」、「繁昌、繁昌」という掛け声とともに新町通りや室町通を進んだ。四条烏丸の中央では「ウォー」という声とともにみこしの「差し上げ」が行われた。

 辻回しでは、剣鉾(けんほこ)の鉾差しが行われ、鈴(りん)が響いたほか、龍笛(りゅうてき)や、笙(しょう)篳篥、(ひちりき)が演奏された。勢いよく神輿が前後に揺れて、飾りが立てるシャンシャンと立てる音や男衆の掛け声で、通行止めとなった四条烏丸がにぎやかになった。

  • はてなブックマークに追加

烏丸経済新聞VOTE

現在お住まいはどちらですか?