天気予報

8

5

みん経トピックス

京都水族館とサンリオコラボ京都市バスで前払い実証実験

京都市が「食品ロス」削減対策 宴会シーズンの「30・10運動」呼び掛け

京都市が「食品ロス」削減対策 宴会シーズンの「30・10運動」呼び掛け

居酒屋での啓発活動

写真を拡大 地図を拡大

 京都市は12月1日、食品ロスを削減する取り組みの一環として「30・10運動」の啓発活動を河原町三条エリアの街頭と飲食店で行った。

そろいのジャンパーで「30・10運動」を紹介

 同運動は宴会が始まった30分は席を立たず、終了前の10分は自席に戻って料理を楽しむことを実践する取り組み。昨年実験的に、幹事が声掛けをした場合としない場合を比較したところ、食べ残しの量が約4分の1まで減少した。

 これを踏まえ今年は、忘年会や新年会など宴会が多くなる12~1月の年末年始を除く金曜ごとに該当や飲食店で啓発活動を行う。

 当日は木屋町など繁華街に近い三条京阪や三条河原町の交差点でチラシやクリアファイルなどを「宴会の食べ残しゼロのキャンペーンをしています」と声を掛けながら配布した。

 その後、お好み焼きの「花たぬき」(中京区)や、串焼き店の「つじや」(下京区)でもチラシなどを配布して「30・10運動」を紹介した。

 花たぬきで食事をしていた女子学生2人組は「2人だと食べ残しはほとんどないが、ゼミの食べ放題のビアガーデンだと注文しすぎて食べ残しがたくさん出ていた」と話す。

 つじやで宴会を始めるグループでは「最後に余ったときは『誰か食べへんか』と言うようにしている」と話していた。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

ワークショップの様子 写真=グラデーションを付けて染めるなど高度な技に挑戦する人など、それぞれの好みで「おふき」を仕上げていた
[拡大写真] [関連記事]

VOTE

現在お住まいはどちらですか?

アクセスランキング