食べる 学ぶ・知る

京都で「精進おせち」販売 京野菜アレンジ店「ロジャヴェルデ」の恒例商品

だしも動物性食料を使わない「精進おせち」

だしも動物性食料を使わない「精進おせち」

  •  
  •  

 京都の野菜を使ったアレンジメントギフトを販売する「LOJAVERDE(ロジャヴェルデ)」(京都市中京区富小路錦上る、TEL 075-211-3321)が現在、「精進おせち」の予約販売を行っている。

京野菜のアレンジメント

 同商品は木箱の一段重で、エビイモや京ニンジンの煮しめ、丹波篠山黒豆煮など11種類を入れる。だしは干しシイタケや昆布を使い、動物性の食料は使わない。

[広告]

 道明寺生麩(なまふ)に田楽みそにユズ果汁を加えたユズ田楽をはさんだ「道明寺麩のユズ田楽」は、はかまぼこに見立てて紅白にするほか、野菜の色の鮮やかさを損なわないようレンコンや菜の花は白煮にする。

 同店主は「アレンジと同様、すべて京都府産の野菜を使っている。大きい黒豆は、ねっとりキャラメルのような風味がある自慢の商品なので試してもらえたら」と話す。

 煮しめ5種類(1,500)と、「紅白なます」や「たたきゴボウ」(各500円)、「クルミのアメ煮」、「道明寺生麩ユズ田楽」、「丹波栗きんとん」(各800円)はおせちパーツとして12月29日から販売する。

 価格は6,500円。発送不可。12月31日12時~17時の受け取りに来られる注文のみ受け付ける。予約は同店ホームページで受け付ける。

  • はてなブックマークに追加

烏丸経済新聞VOTE

現在お住まいはどちらですか?