見る・遊ぶ

東山に婚礼施設「京都幽玄」 八坂の塔が見えるチャペルも

「京都幽玄」のチャペル

「京都幽玄」のチャペル

  •  

東山に9月25日、総合結婚式場「京都幽玄」(京都市東山区八坂上町、TEL 075-533-8791)がオープンした。運営は「ザ・セイリング」(東京都港区)。

すぐそばに八坂の塔が見える

 かつて三井家の邸宅や旅館として使われていた築100年ほどの木造建築物をリノベーションした同施設。建物は約150 坪で、敷地面積は約380坪。川端康成が小説「古都」を執筆した部屋もブライズルーム(花嫁の支度部屋)などに活用する。庭園を手掛けたのは、大阪城公園の庭を作ったことで知られる造園会社「1moku」(いちもく・大阪市西区)。

[広告]

 披露宴会場は、最大着席数56のMU:GEN(ムゲン)、最大着席数110のJU:GA(ユウガ)の2室。3階にあるチャペルGO:EN(ゴエン)は最大着席数108、八坂の塔を見ながら挙式ができる。価格モデルは招待客が50人の場合200万円~。1日最大4組を受け付ける。

 同施設の式場費用は「ご祝儀を集めて一括で払う方が夫婦にとって経済的に楽」との配慮から後払い制を採用する。このほか、親会社が飲食業のため、料理も強みの一つという。社長の松本小次郎さんによると、挙式を決めた人の6割は料理が決め手だったという。

 松本さんは「東山は結婚式場の激戦区だが、八坂の塔がすぐそばに見えるロケーションと、料理やバンケットサービスといったもてなしの部分を打ち出し、お客さまとの信頼関係をしっかり結ぶことで勝負したい」と話す。

 日本料理店「京都幽玄」や懐石料理や茶道が体験できる「京都入門 NEW:MON」では一般客利用にも対応する。ランチ=5,400円、ディナー=1万5,000円。10月2日からビュッフェ(11時30分~17時)も行う予定。

 営業時間は11時30分~23時。

烏丸経済新聞VOTE

現在お住まいはどちらですか?