2015年、今年の漢字は「安」 清水寺で発表

揮毫(きごう)を行う森清範貫主

揮毫(きごう)を行う森清範貫主

  •  
  •  

 1年の世相を表す「今年の漢字」が12月15日、清水寺(京都市東山区)で同寺の森清範貫主の揮毫(きごう)により発表された。主催は日本漢字能力検定(京都市下京区烏丸通松原下る)。

2位以下はこちら

 2015年の今年の漢字には、応募数の一番多かった「安」が選ばれた。安保関連法案(国際平和支援法と、自衛隊法など10本の法改正)が審議され、採決に国民の関心が高まったことや、テロや異常気象などへの不安、「安心してください はいてますよ」のフレーズが話題となるなど「安」心を求めた年、ということが理由に挙がった。2位以下は「爆」「戦」などの漢字が続いた。

[広告]

 福山雅治さんと吹石一恵さん、堀北真希さんと山本耕史さんなど、芸能界の結婚ラッシュを反映した「結」は4位にランクインした。ラグビーワールドカップの活躍で一躍有名になった五郎丸歩選手の「五」は5位となった。

 投票は全国の書店などに設置された応募箱やはがき、インターネットを通じて11月1日から12月8日まで募集した。

 文字の書かれた和紙は「本堂」で今月16日から大みそかまで展示される。

  • はてなブックマークに追加

烏丸経済新聞VOTE

現在お住まいはどちらですか?