食べる 暮らす・働く 学ぶ・知る

京都・祇園にセレクトリサイクルショップ「パスザバトン」 関西初出店

白川にかかる橋を渡ると「パスザバトン」へ

白川にかかる橋を渡ると「パスザバトン」へ

  •  
  •  

 京都祇園に8月8日、セレクトリサイクルショップ「PASS THE BATON KYOTO GION(パスザバトン京都祇園店)」(京都市東山区末吉町)がオープンした。同店は、東京の丸の内ブリックススクウェア、表参道ヒルズ内店に続く3店舗目で、関西初出店となる。

京都企業とのコラボ商品が並ぶコーナー

 同店のコンセプトは「NEW RECYCLE」。同店のシステムは出品制委託販売形式で、出品者から品物を預かり店頭に並べる。出品窓口「パスカウンター」では、スタッフが出品物にまつわるストーリーなどを聞き、販売経験と併せて出品者とともに販売価格を決める。値札には、価格と商品説明とともに、出品者の顔と品物のエピソードを記す。そのほか、デッドストック品にオリジナルデザインを書き加えたリメークアイテムや海外からの買い付け品なども取り扱う。

[広告]

 同店は祇園新橋伝統的建造物群保存地区に位置し、建物は築120年以上の町家。店舗面積は約68坪。インテリアデザインは片山正通さんが担当。外観は町家の伝統的なスタイルに大きな窓を設置。内装はガラスや鏡を使う丸の内店のスタイルを踏襲した開放的な空間に、柱や梁(はり)など日本家屋の面影を残す。「出品や品物を通じて京都のお客さまと一緒に京都祇園店を作っていきたい」と話すのは、同店を経営するスマイルズの遠山正道社長。

 京都出店に際して、西陣織の「細尾」、「金網つじ」などの伝統産業企業と提携し商品開発。製造過程で出る端材や、傷や汚れで販売されなかったものなどをリメークした商品も販売する。細尾の西陣織をリメークした椿コサージュ(9,720円)や、金網つじの端材とアンティーク缶バッジを合わせたKANAAMI JEWERY(1万4,040円~1万9,440円)などを販売。

 店内には飲食スペース「お茶と酒 たすき」を併設。パスザバトンとしては初の試みで、日中は喫茶、夜はバー営業。富士の天然氷を使ったかき氷や、お茶ベースのカクテルなどを提供する。同スペースで使う食器やグラスのほとんどは、気に入った場合その場で購入できることもできる。

 営業時間は11時~20時。「お茶と酒 たすき」は、喫茶営業=11時~19時、バー営業=20時~翌日4時。

  • はてなブックマークに追加

烏丸経済新聞VOTE

現在お住まいはどちらですか?