天気予報

29

21

みん経トピックス

祇園祭の後祭巡行京都に米発アイス期間限定店

上賀茂神社で式年遷宮記念事業 湧水でいれたコーヒーブースも

  • 0
上賀茂神社で式年遷宮記念事業 湧水でいれたコーヒーブースも

ブースではバリスタが1杯づつコーヒーを作った

写真を拡大 地図を拡大

 賀茂別雷(かもわけいかづち)神社(通称=上賀茂神社・京都市北区)で7月25日・26日、式年遷宮記念文化事業が行われた。協賛は味の素ゼネラルフーヅ。

ガイドを務めた作庭家の小川勝章さん

 21年に1度行われる同神社の式年遷宮を記念して「水のつながり」をテーマに5月から始まった同企画。日本の水と日本人の味覚を研究する同社では、境内の湧き水「神山湧水(こうやまゆうすい)」に合わせたコーヒー「神山湧水珈琲」をブレンド。赤いコーヒー豆をあしらった烏帽子(えぼし)をかぶったバリスタが一杯ずつ提供した。

 当日は、坂本龍馬が逃げ込んだことでも知られる木屋町の銘木店「酢屋」の常務で、和菓子の会を主宰する中川典子さんと、京都御苑などの作庭で知られる「植治」の次期12代目の小川勝章さんが境内をガイドするツアーが行われた。

 ツアーでは特別参拝も行われ、お払いを受けた後本殿と権殿の参拝を行った。神社や本殿の歴史について説明が行われ、遷宮で葺(ふ)き替えが行われた檜皮(ひわだ)葺きの屋根も特別に近くでの見学が許された。

 「植治」の小川さんは、「庭は大自然と人をつなぐもの。上賀茂神社には、フタバアオイと桂の2つのハート型の大事な植物が植えられていており、それぞれ違う気配を感じることができる。さまざまな時間軸の木や石、水の気配を感じていただければ」と説明。境内の樹木や川を巡りながら解説を加えた。「今日は手作り市があり人が多くて活気があるが、冬や早朝、雨の日もまた違う顔を見せる。何度でも通って、お気に入りを見つけてもらいたい」と呼び掛けた。

 大阪・堺から参加した中野聡さんは「庭の作り方について話を聞き、奥の深さに驚かされた。きれいな水が流れる境内を歩くと心が洗われる気がする」と話していた。

 10月17日には、「橋殿(舞殿)」を舞台とした生け花と能の会も予定されている。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

シアター部分の模型 写真=100席を設けるシアター部分の模型。演目によって客席の配置が変えらえるブラックボックスに仕上げるという。
[拡大写真] [関連記事]

VOTE

現在お住まいはどちらですか?

アクセスランキング