学ぶ・知る

半導体のロームが「ときめきセンサー」 恋に落ちた瞬間を検知

  •  
  •  

 京都に本社を置く半導体メーカー「ローム」(京都市下京区)が4月1日、恋に落ちた瞬間を検知するセンサーを開発したとウェブ上で発表した。

 ロームが開発したセンサー名は「はつ恋DOKIDOKI-0401」。センサーは、人が恋に落ちる瞬間に心から出る「ときめき」を感知。デバイスを通じて持ち主に「恋」が舞い降りたことを知らせるという。

[広告]

 この発表はエープリルフールにちなんだ「うそ」。同社でフェイスブックを担当する高島里沙さんは「見る人がクスッと笑えるようなうそを考えた。『ときめき』が何かがわかれば、今後、現実化して皆さんのドキドキを応援できるかも」と話す。

  • はてなブックマークに追加
SmartNews Awards 2019

烏丸経済新聞VOTE

現在お住まいはどちらですか?