採用活動解禁日近づく-大学の街・京都の写真店も「就活」後押し

「フォトジェニック錦店」の福井店長

「フォトジェニック錦店」の福井店長

  •  
  •  

 企業の採用活動の解禁日となる12月1日を前に、四条烏丸近くの写真店「フォトジェニック錦店」(京都市中京区錦小路通烏丸西入、TEL 075-213-0805)店長の福井裕さんに話を聞いた。

 近隣だけでなく市内全域の大学の学生が利用しているという同店。今年から、スーツやネクタイなどを貸し出す独自のサービスも始めた。学生の傾向として、「写真に撮られることに慣れている学生さんと、そうでない学生さんに分かれる」と福井さん。慣れている人は座った途端に生き生きとした表情を出すことができるが、プリント前の確認でも決められずに悩んでいる学生の場合は、一度時間を置き表情のトレーニングなどをしてから再来店することを提案することもあるという。

[広告]

 「ここ3~4年の学生さんは厳しい状況を反映してか、とても真剣でピリピリしているのが伝わってくる。就職活動が忙しいのか、『この日のこの時間しか行けません』という連絡もある」と福井さん。閉店時間の20時から撮影してほしいと電話が入ることも。「学生さんには頑張ってほしいので、電話を頂いた時は機材の電源を落とすまでは対応したい。今後は学生さん向けのサービスを充実させたい」とも。

 営業時間は、平日=8時~20時、土曜=9時~19時。履歴書用の写真は20枚=3,000円、撮影データ(CD-R)付き20枚=4,500円、40枚=6,000円。日曜定休。

  • はてなブックマークに追加

烏丸経済新聞VOTE

現在お住まいはどちらですか?