3密を避けて新しい生活様式へ!

食べる

京都・佛光寺前に和スイーツ・カフェ「茶寮翠泉」-抹茶に特化

「金天閣」という抹茶を使った「翠泉パフェ」

「金天閣」という抹茶を使った「翠泉パフェ」

  • 0

  •  

 京都の佛光寺前に7月8日、和スイーツ店「茶寮翠泉(すいせん)」(京都市下京区高辻通東洞院東入稲荷町、TEL 075-278-0111)がオープンした。運営は「千都」(下京区)。

 「抹茶に特化した和カフェ」をコンセプトに掲げる同店。店内は黒を基調とし、京都の夏をイメージした小物を飾り、「落ち着いた空間」を創出した。店舗面積は約30坪、席数は26席。

[広告]

 メニューごとに抹茶の種類を変えるなど、「こだわり」の抹茶スイーツを提供する。「抹茶あわ雪氷」(980円)では、氷に蜜をかける一般的なかき氷とは違い、氷の一粒一粒に味をつけた抹茶氷を使用している。「翠泉パフェ」(980円)には、「金天閣」という抹茶を使い、同店手作りの抹茶ソフト、三笠、抹茶バーム、わらび餅などを添える。

 テークアウト販売も行う。パフェにも使う「もちもちお抹茶三笠」(単品200円、1箱5個入り1,100円)をはじめとした焼き菓子のほか、「抹茶プリン」(260円)や「玉露焙(ほう)じ茶プリン」(260円)などの生菓子も抹茶やお茶をベースにしている。

 「オープン以来、年齢を問わず、観光客だけでなく周辺地域の方にも来てくださっている。中には、1~2時間滞在される方や1日に2回来店してくださった方も。これからもニーズに対応しながら、お客様に和んでいただける、地域にも密着したお店を作っていけたら」と店長の須藤浩二さん。今後はランチの展開も視野に入れているという。

 営業時間は10時30分~17時30分(ラストオーダー)。

  • はてなブックマークに追加
Stay at Home

烏丸経済新聞VOTE

現在お住まいはどちらですか?