見る・遊ぶ

京都で「段ボールアート展」始まる-キャラクターから京野菜まで

段ボールで作った北欧の伝統工芸品「ダーラナホース」

段ボールで作った北欧の伝統工芸品「ダーラナホース」

  • 0

  •  

 アンティークベル(京都市中京区姉小路御幸町東入ル、TEL 075-212-7668)2階で3月31日、平尾ケイゴさんの個展「ダンボールアートの世界展」が始まった。

[広告]

 平尾さんが手掛ける段ボールアート作品を集めた同展。モチーフは、懐かしの昭和のキャラクターから京野菜、北欧のデザインを模した作品まで大小さまざま。作品は、段ボールを骨組みにして、その上から細く切った画用紙を表面に貼り付け、さらにその上から新聞紙を貼り彩色する。ゴッホの作品」の椅子を再現した「ダンボールアルルの黄色い椅子」は、見た目も触覚も木と間違えるほどリアルに作り込んだ。

 普段はホームページの制作を手掛けたり、専門学校の講師を務めたりしている平尾さん。段ボールの造形は3Dなどの理解のために立体の作品を作ったことから始まり、15年ほど続けているという。「趣味の延長線上」と話す平尾さん。今後は魚をテーマに動きのある作品を作っていきたいという。

 開催時間は12時~19時。入場無料。今月5日まで。

週刊みんなの経済新聞 ハッピーニュースアワー

烏丸経済新聞VOTE

現在お住まいはどちらですか?

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース