天気予報

20

12

みん経トピックス

普段のジョギングで復興支援京都・伝説の「飛梅」満開に

同志社大・寒梅館で「竹フォーラム」-竹の魅力を紹介、問題提起も

同志社大・寒梅館で「竹フォーラム」-竹の魅力を紹介、問題提起も

寒梅館で行われるイベントのプログラム

写真を拡大 地図を拡大

 同志社大学の「寒梅館」(京都市上京区今出川通り烏丸東入)で3月26日から、「竹フォーラム」が開催される。

 同大・竹の高度利用研究センターの藤井透さんが代表を務める「竹カフェ」が主催する同イベント。これまで、放置竹林の拡大を防ぐための講演会や京都府内の竹林の様子を調べる「京都竹林マップ」の制作などの活動を進めてきたが、こうしたイベントは初めてだという。

 期間中、竹茶やタケノコジャム、竹を使ったあんどんなどの伝統産業品の展示、「竹太筒(たけだいこ)」を使ったライブを行うほか、町家などに使われる京銘竹の活用についての講演などを通じて、竹を身近に感じてもらえるプログラムを用意する。

 「竹は身近な存在。特に京都と竹の関係は密接」と話すのは同イベントスタッフの藤田幸子さん。「京都の町家には犬矢来(いぬやらい)など竹を多く使っているし、桂離宮(かつらりきゅう)などは3割が竹を使っているという。エジソンが八幡の竹を使ったフィラメントで電球を発明したことはとても有名」

 放置竹林の問題は間伐材のニーズが少なく、処理のコストばかりがかかってしまうことも一因だという。「竹林は放っておくと入ることもできなくなる。そうすると余計に人の手が入らなくなるという悪循環に陥ってしまう。しかし活用できれば地域の再生にもつながるはず」と期待を込める。今後は府とも連携を取りながらどのような取り組みができるのか作業を進めていくという。

 「今回のイベントをきっかけに、放置竹林など地域の抱える竹林の問題にも関心を持ってもらえたら」と藤田さん。

 開催時間は10時~17時(最終日は12時30分まで)。入場無料。今月27日まで。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

TKP京都四条烏丸カンファレンスセンター(下京区)で4月28日、「コンテンツ活用商品化セミナー」が開催される。主催は「京都クロスメディア推進戦略拠点(KCROP・上京区)」ほか。説明会では「NARUTO」「BLEACH」「おそ松さん」などのTVアニメーションを制作する「ぴえろ」(東京都三鷹市)の担当者がTVアニメ化25周年を迎えた「幽☆遊☆白書」などの京都オリジナル商品の開発に関し、商品化の許諾から発売までの一連の業務を説明する。KCROP担当者は「伝統産業に携わる人など多くの人に参加してもらえたら」と呼びかける。参加無料。開催時間は15時~16時半。申し込みはhttp://crossmedia.kyoto/seminar_event/20170428まで。
[拡大写真] [関連記事]

VOTE

現在お住まいはどちらですか?

アクセスランキング