フォトフラッシュ

発起人のひとり、篠田吉史准教授

京都学園大学の発行醸造研究所の篠田吉史准教授 写真=発起人のひとりである京都学園大学の発行醸造研究所の篠田吉史准教授。クラフトビールに欠かせない、さまざまな種類の原料加工(製麦)ができる「京都モルトハウス」の構想も明らかにした。

  •  
  •  

京都府旧議場(京都市上京区)で8月30日、京都府内のビール原料の生産者団体や醸造所、研究者や自治体担当者らが集まり、京都産原料100%ビールプロジェクト(略称=K100)の発足式が行われた。

  • はてなブックマークに追加

烏丸経済新聞VOTE

現在お住まいはどちらですか?