京都府庁旧本館で「こだわりマルシェ」-地産地消をテーマに

10月18日、京都府庁旧本館で食のイベント「京都こだわりマルシェ2」が開催される。写真=第1回開催時の様子。

10月18日、京都府庁旧本館で食のイベント「京都こだわりマルシェ2」が開催される。写真=第1回開催時の様子。

  •  
  •  

 府庁旧本館マルシェ実行委員会は10月18日、京都府庁旧本館(京都市上京区下立売通新町西入ル)で「京都こだわりマルシェ2」を開催する。

 京都府庁旧館の活用を考える「京都府庁旧館応援ネット」や京都府が実行委員会を構成し、連携して府庁旧本館を会場とする同イベントを企画した。今回で2回目の開催。

[広告]

 同イベントのテーマは地産地消。亀岡市、京丹後市、舞鶴市、宮津市など京都府内の農村で収穫された野菜を使った料理などが出品される。出店数は約40店舗。旧本館の中庭には中庭カフェを設け、コーヒー専門店「ELEPHANT FACTORY COFFEE」(中京区蛸薬師通木屋町東入ル)のコーヒーや、日本都市農村交流ネットワーク協会が企画する京丹後の生姜を使ったドリンク「生ジンジャー」などを提供する。

 今年6月に開催した第1回目のイベントでは、来場客2,000人を集めた。同実行委員会の中村貴子さんは「反響も大きく、出店団体同士のネットワークもでき始めた」と話す。来春には第3回目の開催を予定している。

 「こだわった食を口にしていただきたい。今後も京都府と連携して開催していければ」と中村さん。

 開催時間は11時~16時。入場無料。

  • はてなブックマークに追加
Stay at Home

烏丸経済新聞VOTE

現在お住まいはどちらですか?