ディズニー+デザイナー集団「和空」、高台寺前に「和」の期間限定ショップ

ミッキーマウス模様の置き灯籠。PHOTO by MANABU PHOTO WORKS©Disney  

ミッキーマウス模様の置き灯籠。PHOTO by MANABU PHOTO WORKS©Disney  

  • 0

  •  

 和空インターナショナルは、高台寺前にあるギャラリー天空庵(京都市東山区)で1年間の期間限定で「和」のディズニー・グッズを展示・販売する。

[広告]

 「和空」は、京都の建築家やインテリアデザイナーで構成するグループ。「和」「伝統工芸」「モダンデザイン」をコンセプトに、2002年に発足した。和空は数々のイベントで作品を発表し、多くのメディアにも取り上げられてきた。そうした活動の中2005年のイタリア・ミラノサローネでウォルト・ディズニー・ジャパンの目に止まり、今回のコラボレーションが実現したという。

 「Disney+WA-Qu(ディズニー+和空)」は、ディズニーとしては初のダブルネームブランド。ミッキーマウスが少し頭を出したようなロゴは和空が手がけた。これまで、イベント会場で手ぬぐいは販売したが、1年もの長期間展示・販売するのは初。主な購入者層は大人が中心だという。

 展示品は伝統工芸品が8割以上を占めており、商品はほぼ手作り。商品の中で手ぬぐいだけが、デザイナー全員が手がけたデザインを展開し、個性が楽しめる。価格は1,200円から。高額なものでは和紙のライト(180万円)なども展示・販売する。注文の際は一からの手作りになるため、納品までに一定の日数を要するという。

 和空インターナショナル・西村清一社長は「伝統工芸にデザインが加われば、もっと違う見せ方ができるのではないかと考えていた。利益追求よりもコンセプトに沿って上質なものを発表してきたが、そうした点がディズニーに評価してもらえたのでは。これがきっかけで伝統工芸にも注目が集まり、いろいろな方面への足がかりになれば」と話す。

 営業時間は11時~18時。火曜定休。

和空(WA-Qu)天空庵子ども向けコンセプト・カフェレストラン「ディズニーカフェ」-世界初出店(シンガポール経済新聞)ミッキー・ミニーマウスがテープカット、ディズニー写真展で(六本木経済新聞)ディズニーストアで地域限定グッズ-味噌カツなどがモチーフに(サカエ経済新聞)

  • はてなブックマークに追加
週刊みんなの経済新聞 ハッピーニュースアワー

烏丸経済新聞VOTE

現在お住まいはどちらですか?

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース