見る・遊ぶ 暮らす・働く

国立大学で二次試験 京都大学には恒例「折田先生像」

  •  
  •  

 国立大学の二次試験が2月25日始まり、京都大学吉田南構内(京都市左京区)には恒例の「折田先生像」が設置された。

 「折田先生像」は同大学の前身の一つ旧制第三高等学校の初代校長を務めた折田彦市像を模したもので、元の像は落書きなどのいたずらにより撤去され非公開とされている。

[広告]

 2000年ごろからアニメや企業のキャラクターをモチーフにした像が「折田先生」として作られ、例年二次試験の日に合わせて設置されるようになった。像は誰が制作しているのかは明らかになっていない。

 今年の像は「世界ふしぎ発見」に登場する「スーパーヒトシ君」。にこやかな表情で試験に臨む受験生を見守っていた。東側にはかつての折田先生像を模した像も設けられていた。

  • はてなブックマークに追加
Stay at Home

烏丸経済新聞VOTE

現在お住まいはどちらですか?