買う

河原町三条のユニクロが刷新 売り場面積拡張、地元店とのコラボデザインTシャツも

入口には愛称「ゆにくろ京都」が掲げられた

入口には愛称「ゆにくろ京都」が掲げられた

  •  
  •  

 複合商業施設「ミーナ京都」内のにある「ユニクロ京都河原町店」(京都市中京区河原町通三条下ル大黒町)が11月22日、愛称を「ゆにくろ京都」としてリニューアルオープンする。

前田珈琲など京都の店とコラボしたTシャツが印刷できるコーナーも

 リニューアルでは売り場面積が500坪から地下1階・地上3階の4フロア900坪に増床。3階の一角に設けられ、地元の商店主らの写真が並ぶコーナー「京都スペシャル」には町家の格子をイメージした壁や藍色ののれんをかける。

[広告]

 リニューアルにあたり当たり、同店ではユニクロが各店で地域に密着した展開をする「個店経営」を推し進めしようと、同店の刷新を契機に京都在住の老舗店や若手の商店主に京都の文化や地元の人がユニクロに求めるものをヒアリングし、店舗作りのアドバイスを得たという。

 店内には、店作りに協力したそば店「本家尾張屋」の16代目稲岡亜里子さん一家や「サウナの梅湯」(京都市下京区)の湊三次郎さん、ロックバンド「くるり」の岸田繁さんらの写真やコメントを大きく張り出す。地下1階では、京都市内に展開する老舗のコーヒー店「前田珈琲」や佐々木酒造(京都市上京区)の大吟醸「聚楽第(じゅらくだい)」などのロゴをTシャツの好きな位置にアプリを使ってプリントできるコーナーも設ける。

 ファーストリテイリングのグループ上席執行役員の桑原尚郎(たかお)さんは「今後も関係を構築していき、学びや連携、また地元への貢献を深めたい。京都で得た『個店経営』のノウハウは国内・海外で展開していきたい」と意気込む。

 営業時間は11時~21時。(22日は10時開店)

  • はてなブックマークに追加

烏丸経済新聞VOTE

現在お住まいはどちらですか?