食べる

京都で日本酒と和菓子のマリアージュ 京都BALと京都市の共催イベントで提供

日本酒と和菓子の組み合わせ

日本酒と和菓子の組み合わせ

  •  

 ファッションビルの「京都BAL」(京都市中京)と京都市が8月11日・12日、「伝統文化に出会えるショッピング体験」をテーマにしたイベント「KYOTO PARADOX」を開催する。

伝統文化の魅力をファッションの視点で発信したり、伝統産業に携わる若手とのコラボレーションを通じて伝えたりする同イベント。2017年に始まり、今回で4回目となる。

[広告]

 会場には、京都の老舗和菓子店の焼き菓子や干菓子、まんじゅうなどに合った日本酒の組み合わせを提案する「KYOTO PARADOX BAR」も。組み合わせは酵母の研究を行う京都市産業技術研究所のバイオ研究員が担当。京焼や清水焼のおちょこで無料で提供する。各日13時と16時の2回で、なくなり次第終了。

 このほか、能面師の宇高景子さんと、京都発の4ピースバンド「Homecomings」のボーカル畳野彩加さんがコラボレーションした、「ミュージック×能面」をテーマにした能面を制作する「歌う能面プロジェクト」も始動。制作過程が分かる動画と一緒に完成した能面を展示する。

 期間中、施設内のショップがノベルティーやケータリング、限定メニューを用意するほか、巨大な「ガチャマシーン」、フラワーアーティストのニコライ・バーグマンのエントランス装飾なども行う。

 開催時間は10時~20時。

烏丸経済新聞VOTE

現在お住まいはどちらですか?