見る・遊ぶ 暮らす・働く

葵祭「路頭の儀」 京都御所を時代装束の行列が出発

京都御所を出発する葵祭の行列

京都御所を出発する葵祭の行列

  •  

 京都御所(京都市上京区)で5月15日、葵祭の行列が出発した。

斎王代を務める坂下志保さん

 葵祭は上賀茂神社と下鴨神社の例祭。この日に向け、3日の流鏑馬(やぶさめ)神事や4日の斎王代御祓(さいおうだいみそぎ)の儀などが行われ、この日は路頭の儀(行列)と上賀茂神社と下鴨神社での「社頭の儀」が行われる。

[広告]

 葵祭は雨で順延(翌日に催行)や打ち切り(行列を途中で終える)もあるが天候に恵まれ、10時の時点で気温が25度となった。京都御所には10時30分の出発前から多くの人が詰めかけた。牛車や華やかな衣装の行列に多くの人が写真を撮ったりパンフレットで役職を確かめたりしていた。

烏丸経済新聞VOTE

現在お住まいはどちらですか?