食べる 暮らす・働く 学ぶ・知る

京都で「鴨川納涼床」始まる 4エリアに90店、飲食店以外の新たな店も

鴨川納涼床を楽しむ人たち(三条大橋付近)

鴨川納涼床を楽しむ人たち(三条大橋付近)

  •  

 二条大橋から五条大橋までの鴨川右岸で5月1日、「鴨川納涼床」が始まった。

納涼床を建てる様子(4月25日撮影)

 納涼床は、北側から上木屋町、先斗町、西石垣エリア、下木屋町の4エリアに約90店が出店。老舗の和食店や結婚の相談カウンターや貸し切りのゲストハウスが宿泊者専用の川床を設けるなど飲食店以外の業態も床を出す。

[広告]

 初日となった同日は、最高気温が29度の夏日を記録。19時でも25度と気温が暖かかい気候が続く中、川からの風を受けながら早速食事を楽しむ人の姿が見られた。

 5月と9月は「昼床」も楽しめる。9月30日まで。

烏丸経済新聞VOTE

現在お住まいはどちらですか?