食べる 見る・遊ぶ 暮らす・働く

京都に関西初「ブルーボトルコーヒー」 築100年の町家を改装

町家を改装した店舗外観

町家を改装した店舗外観

  •  

 京都市左京区に3月23日、米サンフランシスコ発のコーヒー店「ブルーボトルコーヒー京都カフェ」(南禅寺草川町)がオープンした。

グリーンティーミント クッキー

 京都は創業者のジェームス・フリーマンさんが好きな町の一つで、大丸松坂屋との縁で、築約100年を超える京町家を改装した。店舗面積は国内の既存店の中でも最大となる約452平方メートルで、座席数は44席。ショップスペースとカッピングスペース、テラス席を設ける中庭とカフェスペースを設ける。

[広告]

 ドリンクは、同社ロースタリーで焙煎したコーヒー豆を使用して、バリスタが一杯ずつ淹れるエスプレッソやドリップコーヒー(486円~)のほか、チコリで風味付けをした水出しアイスコーヒーにミルクとケーンシュガーを合わせた「ニューオリンズ」(540円)なども人気という。

 ペイストリー(焼き菓子)は、京都カフェのオープン記念で開発した抹茶とフレッシュミントを合わせたクッキー「グリーンティーミント クッキー」(216円)のほか、オーダーされてから焼き上げる「リエージュワッフル」(540円)も人気という。

 社長の矢野健一さんは「国内では今後も関東や関西を中心に店舗を拡大していく予定。お好みの飲み物とフードを楽しんでもらえたら」と話す。

 営業時間は8時~18時。

烏丸経済新聞VOTE

現在お住まいはどちらですか?