食べる

京都・藤井大丸にサンフランシスコ発チョコレート店が期間限定店 限定ケーキも

ポップアップショップの様子

ポップアップショップの様子

  •  

 サンフランシスコ発のチョコレート店「ダンデライオン・チョコレート」(東京都台東区)は現在、藤井大丸(下京区)に期間限定でポップアップショップを出店している。

スコーンとホットチョコレート

 カカオ豆の仕入れからチョコレートバーができるまでの全工程を一貫して手掛ける「ビーン・トゥ・バー」のチョコレートを提供する同店。来年2月に一念坂(東山区)にある築100年を超える日本家屋を改装した路面店をオープンすることを発表している。

[広告]

 ポップアップショップでは、シングルオリジン(単一の生産地)のカカオときび砂糖だけで作る「チョコレートバー」(1,296円)6種類を用意。試食して産地や農園によって異なる風味の違いを確かめられる。ワインのブドウと同様に、カカオも年によって風味が異なるため、パッケージには収穫年を印字している。同社カフェマネジャーの物江徹さんは「カカオ豆の違いが楽しめることもそうだが、カカオそのものがより強く感じられることが魅力では」と話す。

ハウスホットチョコレート(626円)や、3カ所のカカオ豆が食べ比べできる「ブラウニーバイトフライト」(680円)を販売する。12月18日から、グアテマラのカアボンの農園産のカカオと、きび砂糖、卵、バターのみを使う「ダンデライオン・チョコレートケーキ」(2,970円)を販売する。

 物江さんは「今回は屋台のような形だが、2月にオープンする店はこれまでの店と同様に、チョコレートやカカオの文化に触れてもらえる店にしていく。地元のコミュニティーともつながるような場所にしていきたい」とも。

 営業時間は10時30分~20時。今月25日まで。テークアウトのみ。

烏丸経済新聞VOTE

現在お住まいはどちらですか?