暮らす・働く

京都で「選挙割」まとめたウェブサイト 商店主やボランティアが発信

「選挙に行こう!きょうと」のポスター

「選挙に行こう!きょうと」のポスター

  •  

 10月22日に行われる衆議院議員選挙で「選挙割」を実施する京都選挙区内の店をまとめたウェブサイト「選挙に行こう!きょうと」が現在、公開されている。

 同サイト呼び掛け人の一人が「乾物と生活雑貨 すみれや」店主の春山文枝さん。きっかけは、衆議院が解散した後に参加した「選挙カフェ」で、投票率が低い問題に関連して「投票割引で少しでも解決できればいいね」と盛り上がり、自分の店でもやってみようと決めたという。

[広告]

 「せっかくいい取り組みだから、個別で発信するよりもまとめた方がいいのでは」と選挙カフェの参加者の1人がサイトを作ったほか、また別の人が淡い色合いのイラストを作成。春山さんも知り合いの店に声を掛けて参加を募った。

 春山さんは「投票済証を提示した人に『選挙でこれからどうなるでしょうね』と投票のことや選挙の争点を話すきっかけになる。日本ではなかなか政治のことを話す機会は少ないが、人と意見を交換することで選挙や政治を身近なものにしていきたい」と話す。

烏丸経済新聞VOTE

現在お住まいはどちらですか?