天気予報

8

5

みん経トピックス

京都で小劇場プロジェクト京都で国連とお笑いがコラボ

西本願寺で「京都国際映画祭」開幕 映画「火花」出演の桐谷健太さんら会見

西本願寺で「京都国際映画祭」開幕 映画「火花」出演の桐谷健太さんら会見

(左から)中村伊知哉さん、中島貞夫さん、岩下志麻さん、奥山和由さん

写真を拡大 地図を拡大

 西本願寺(京都市下京区)で10月12日、映画と現代アートの複合イベント「京都国際映画祭」のオープニングイベントが行われた。

桐谷さん、三浦さん、板尾さんの会見の様子

 吉本興業が中心となり2014年から開催している同イベント。今年は祇園花月(東山区)のほか、京都府や京都市の公共施設や百貨店、映画館など30以上の会場を舞台に映画上映やアート作品を展示するほか、伝統工芸のワークショップやライブペインティグなどを展開する。

 西本願寺の唐門前で行われた記者会見には、桐谷健太さん、三浦誠己さん、板尾創路さんが登場。同イベントで先行上映される、お笑いコンビ「ピース」の又吉さん原作の映画「火花」を「どれだけハードル上げても大丈夫な出来」と紹介した。三浦さんが「実は妹がこの近くに住んどってな」と話し出すと、「いやいや、それは後でよろしいやん」と桐谷さんが突っ込むなど、映画の役さながらのコンビぶりを見せていた。

 実行委員長の中村伊知哉さんは「映画もアートもそのほかも全部という、類いまれなイベント。今年のテーマは『京都3泊4日』。世界の皆さんに楽しんでもらえたら」と参加を呼び掛ける。

 同イベントアンバサダー(大使)を務める女優の岩下志麻さんは「京都は20代の頃から来ていて、第二のふるさとのように思っている。京都で行われる京都国際映画祭に参加できることがうれしい」と笑顔を見せた。

 10月15日まで。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

ワークショップの様子 写真=グラデーションを付けて染めるなど高度な技に挑戦する人など、それぞれの好みで「おふき」を仕上げていた
[拡大写真] [関連記事]

VOTE

現在お住まいはどちらですか?

アクセスランキング