見る・遊ぶ 暮らす・働く

京都「五山送り火」今年は好天 広沢池では灯籠流しも

  •  
  •  

 京都のお盆の伝統行事「五山送り火」が8月16日、各山で営まれた。

鳥居形

 送り火はお盆に迎えた精霊を送り、無病息災を祈る行事。送り火の中には「い」や「一」といった文字もあったというが現在は「大文字」(左京区・如意ヶ嶽)「妙法」(同区・松ヶ崎西山、東山)「船形」(北区・船山)、「左大文字」(北区・大北山)「鳥居形」(右京区・曼荼羅山)の順に点火される。

[広告]

 昨年は大雨の中行われ、ほとんど見ることができなかったが、この日は多くの人が集まる中点火が行われた。

 鳥居形のふもとに広がる広沢池では灯籠流しが行われ、赤、白、緑、青、黄色の五色の灯籠にロウソクがともされ、水面に浮かんだ。また、今年発生した北九州の豪雨災害の復興を願った灯籠も用意された。

 池のほとりでは「流した灯籠はどこかな」と話す子どもや、浴衣姿の学生、海外からの旅行者など多くの人が集まり灯籠と鳥居形が一度に見られる景色をカメラに収めていた。

  • はてなブックマークに追加
Stay at Home

烏丸経済新聞VOTE

現在お住まいはどちらですか?