天気予報

29

19

みん経トピックス

祇園祭に「くまモン」登場祇園祭の日和神楽

祇園祭・鈴鹿山でちまき作り 雷よけ、安産を祈願

祇園祭・鈴鹿山でちまき作り 雷よけ、安産を祈願

ちまき作りの様子

写真を拡大 地図を拡大

 NTT西日本京都支店(京都市中京区烏丸通三条上ル場之町)で7月14日、祇園祭で授与する鈴鹿山のちまき作りが行われた。

鈴鹿山のちまきには大きな絵馬が付いている

 祇園祭のちまきはササの葉で作られた厄よけ。中国の故事にちなんだ「蘇民将来之子孫也」の札が下がっており、玄関先などに掲げられる。山鉾(やまほこ)ごとにご利益(りやく)があり、鈴鹿山では、雷よけ、安産守りになると言われる。

 同支店ではこの日、約20人が作業に集まった。同社で鈴鹿山の世話役をしている岡嶋和夫さんが「ちまき作りに参加された方にもご利益があると言われているので、いただいて帰ってください」とあいさつした後、参加者たちは見本を参考に、鈴や絵馬を取り付けるなどの作業を進め、約100個のちまきが出来上がった。ちまきは後日、鈴鹿山会所で八坂神社の清祓い(きよはらい)を受ける。

 初参加の山岡理恵さんは「ちまきがこんな風に作られていると知れてよかった。裏側の水引のラインをそろえるなど難しい部分もあったが、受け取った方にご利益がありますようにとの願いを込めて作った」と話す。

 ちまきは、7月21日の午後から鈴鹿山会所で販売する。価格は1本=1,000円。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

道端に群生するヒガンバナ 写真=道端に群生するヒガンバナ
[拡大写真]

VOTE

現在お住まいはどちらですか?

アクセスランキング