京都水族館に幅15メートルのウォータービジョン登場 モデルのすみれさんも興奮

  • 0

  •  

 京都水族館(京都市下京区)で7月30日、8月から始まるプログラムがメディアに公開された。

ゲストのすみれさん

 8月1日から始まるプログラムは昼の「京都スプラッシュ!」と夜の「ファンタジックナイトアクアリウム」の2種類。イルカスタジアムの天井に幅15メートルにわたり水が流れおちるように機器を設置。水で「KYOTO」の文字や日付など数字を作る。落ちてくる水に濡れて遊ぶこともできる。

[広告]

 夜のファンタジックアクアリウムでは、水に映像を投影する「ウォータービジョン」となり、空中に映像を浮かび上がらせる。期間内は、ペンギンの子どもを主人公にした3D作品「ペンギンドリーム」を上映。立体的に表現された京都の街の上空を飛ぶ様子や、本物の花火のようなエンディングが会場を盛り上げた。夜バージョンの「イルカnight liveきいて音(ね)」も行われ、客席やプールをスポットライトや色とりどりの「ムービングライト」を使った演出と、音を使って会場と一体感を出すイルカと人のパフォーマンスに大きな拍手が起こった。

 当日は、モデルのすみれさんもゲストとして登場。「子供の心に戻って見ていた。『京都スプラッシュ』は水着で遊びたい」と興奮した様子でコメント。ハリウッド映画「The Shack」の撮影について聞かれると「スタッフもキャストもみんながプロフェッショナルで吸収することばかりだった。大きな心で受け入れてもらって、リラックスして演技ができた」と振り返っていた。

 プログラムは9月30日までを予定する。

 開館時間は10時~20時(8月から時間変更あり)。チケットは、一般=2,050円、大学・高校生=1,550円、小・中学生=1,000円ほか。

  • はてなブックマークに追加

烏丸経済新聞VOTE

現在お住まいはどちらですか?