3密を避けて新しい生活様式へ!

伏見清酒を新風館のオープンテラスで-蔵元×FM局コラボ

伏見の蔵元、αステーション、新風館による期間限定コラボレーション企画「α-SAKE BAR」。10月24日までの期間限定営業。

伏見の蔵元、αステーション、新風館による期間限定コラボレーション企画「α-SAKE BAR」。10月24日までの期間限定営業。

  • 0

  •  

 伏見の蔵元、αステーション、新風館による期間限定コラボレーション企画「α-SAKE BAR」が、新風館3階(京都市中京区烏丸通姉小路下ル、TEL 075-213-6688)にオープンしている。6月30日から営業を開始、10月24日までの期間限定営業となる。

 α-SAKE BARは、同館3階のオープンテラス(約60席)で、さまざまな種類の伏見の銘酒が手軽に楽しめ、清酒に合う限定メニューが新風館の7つの飲食店により提供される。期間前半の9月8日までは「夏の酒」が提供され、以降は「ひやおろし」を中心とした「秋の酒」が提供されるなど、日本酒の季節の違いも楽しめる。

[広告]

 メニューは、伏見の清酒(1杯=300円、450円)、「茶蕎麦の湯葉包み 揚げだし」(900円)、「明太子と京ネギのおつまみピッツァ」(1,150円)、「賀茂茄子ステーキ」(780円)など、100種類以上。

 今年の新たな企画として、蔵元が勧める清酒を振る舞う「蔵元DAY」(8月31日、9月14日、9月28日)を開催。期間中、ポイントをためるともれなく「α-SAKE BAR商品券(500円)」をプレゼントするキャンペーンや、αステーションのDJが創作した世界に一つしかない「清水焼酒器セット」を抽選でプレゼントする。創作に参加したDJは、佐藤弘樹さん、森夏子さん、慶元まさ美さん、谷口キヨコさん。

 同企画は、今年で3回目。客層は20代~30代の女性が大半を占める。「日本酒離れといわれているが、新風館の来館者の大半を占める女性に向け、伏見酒造組合の『清酒』をアプローチできれば」(同店関係者)と話す。

 営業時間は17時30分~22時。10月24日まで。雨天休業。

α-SAKE BAR

  • はてなブックマークに追加
Stay at Home

烏丸経済新聞VOTE

現在お住まいはどちらですか?