食べる

烏丸経の年間PV1位はNY発チョコレート専門店「マリベル」2号店

  •  
  •  

 烏丸経済新聞の2013年PV(ページビュー)ランキングは、「京都・祇園にNY発チョコレート専門店「マリベル」京都2号店-「量り売り」中心に」が1位に輝いた。ランキングは今年1月1日から12月20日までに配信したヘッドラインニュースのPVを集計したもの。

 上位10位のランキングは以下の通り(カッコ内は掲載日)。

[広告]

1. 京都・祇園にNY発チョコレート専門店「マリベル」京都2号店-「量り売り」中心に(9/6)

2. 京都・烏丸にスープカフェ「OTONA SOUP」-京懐石フレンチシェフが出店(2/5)

3. 2013年、今年の漢字は「輪」-清水寺で発表(12/12)

4. 四条烏丸に京都産直野菜使ったレストラン-バイキング形式で(1/28)

5. 老舗八ッ橋と「魔法少女まどか☆マギカ」コラボ-第3弾は「暁美ほむら」(4/20)

6. 京都伊勢丹のグッチに「ジョジョ」コラボウインドー、荒木飛呂彦さん描き下ろし(1/21)

7. 京都祇園うどんミュージアム開館1カ月、セットメニューなど設定(1/31)

8. 大丸京都店に「メタボ」マネキン-父の日ファッション特集で(6/13)

9. 本能寺跡に複合施設「信長茶寮」開店へ-漫画家の原哲夫さんもプロデュース(5/30)

10. 京都・梅小路公園で「九条ネギフェス」-京野菜使ったラーメンバトルも(10/8)

 1位は、昨年2月に開店した「Marie Belle KYOTO」(中京区)に次いでオープンした「CACAO MARKET BY MARIEBELLE(カカオマーケットバイマリベル)」の記事。マリベルのキッチンをイメージした内装で、チョコレートの量り売りとランチボックス、サンドイッチ、カンノーロなどの軽食や、ティラミス、ジェラートなどのテークアウト商品も充実させた。現在もマリベルの実店舗はN.Y.と京都のみとなっている。

 12月12日に発表された「今年の漢字」の記事はヤフートピックスに掲載されたこともあり、一気に3位にランクイン。2位以下の漢字を紹介した画像は「フォトフラッシュ」のPV1位を獲得した。揮毫(きごう)を行った清水寺の森貫主は「来年も力を合わせて、『平和な輪』のつながりの世界に向けて、努力していこう」と呼び掛けている。

 京都の関係者が尽力した和食の世界無形文化遺産登録や、京都の観光客増加も期待できる2020年東京オリンピック決定など明るい未来を感じさせる話題が多かった2013年。2014年も烏丸経済新聞は京都の街の変化と、楽しい話題を届けていきたい。

  • はてなブックマークに追加

烏丸経済新聞VOTE

現在お住まいはどちらですか?